Category: 未分類

2008/6/3 火曜日

もたくつシステムを提供しているような業者は選ぶべきではないと思う。

Filed under: 未分類 - 03 6月 2008

けっきょく、約定するかどうかなんだよなぁ。
それから、不利な方にスリップするかどうかだ。
とにもかくにも、よれよれなのはよくない。
よれよれなどうしょうもない、取引システム・(取引ソフト)をつかわせておきながら、いつも、のらりくらりといいわけばかりする、どうしょうもないFX業者があったなぁ。
いまも、その業者の取引システムを使っている人は、自分が思ったとおりの取引ができずに、悲鳴を上げていることだろう。本当に悲鳴だよ。
いちど、ポジションを持ってしまうと、時にはつきあわなければならなくなるし、かならず、客が不利になるように約定する、ものすごい取引ソフトを使っていると頭に血が上って、すべがパーになるという可能性があるからね。
それにしても、ひどい業者だったな。いまも、広告を出しまくってひとをおびき寄せているのだから、やはり、そのシステムを使っている人は、画面の前で猛烈に腹を立てていることだろうと思う。金融庁に問い合わせて、これこれこういうとがあったということを説明しないと、(なめてかかっているので)適当なことをいって、言い逃れ使用とするので、注意。
本当に、すべてが、嘘だからなぁ。
広告にかける金があったら、まず、脆弱な取引システム全体をどうにするべきだろう。
脆弱な、どうにもならないボロボロのシステムを使わせて、常に、客が損をするように、振りになるように、約定させる。約定しないのだけど、たまに約定すると、客が不利な方にすべってる。しかも、たぶんだけど、「本人には悪気がない」。
自分の提供しているシステムが特別に「ボロ」だとは思っていない。
本当は、特別にボロなのだけど。みんな(無理な買い方をする)、客が悪いと思っている。
ちゃんと約定するかどうかはものすごく重要な問題なのに、その点に関しても、あんまり認識していないみたいだ。まあ、どうでもいいよ。
それにしても、ボロボロのシステムはさけるべきだと思う。

普段から、約定しにくいボロボロのシステムはさけるべき
ときどき、約定しやすくなったからといって、信用しない(信用したくなるけどさ)
肝心なときに、のろのろと「メインテナンス」をしているところも要注意だな
サーバーが脆弱なところはさけるべき(サーバーが問題なのではないとか、増強するとか、改善するとかどれだけ口約束をしても、信じるべきではない)

ところで、突然約定しやすくなる、あるいは、ときどき約定しやすい状態になる、というのも、ものすごく、腹立たしいことだ。常に約定しやすい状態でなければならない。ときどき、よくなるというのは、(いろいろな意味で)精神に悪影響を与える。

FX業者の「かお」は、普段取引をしているソフト(システム全体)なので、そういうむら気があるシステムはまったく信用がおけないという意味で、いつも約定しない(約定しにくい)システムよりも、ある意味、悪質だ。なんか、全体的にとにもかくにも、腹が立つシステムというのがある。腹が立つシステムを使っているとかならず(と言っていいほど)失敗するので、もたくつシステムを提供しているような業者は選ぶべきではないと思う。
しんようできない。

2008/2/16 土曜日

とろとろ動くシステム、そして、肝心なときにとまるシステムは、切れない包丁よりもあぶない

Filed under: 未分類 - 16 2月 2008

今回学んだことは、「通らない」FX業者はほんとうに、だめだということだ。存在価値がない。いや、むしろ、存在するべきではないとさえ、いえる。
だいたい、普段から、遅すぎる。あのスローモーションのような表示はなんだ。他のところが、5コマ動いているあいだに、0コマから1コマ動くという状態だ。そういう状態だとどうなるかというと、表示されているときに、いれた値では、絶対に取引できないということになる。値動きが速くなれば。で、値があまり動かないようなときは、取引をしても、プラスマイナス0であって、取引をする必要がない。取引をするときは、「動いているとき」なのである。その「動いているとき」に、まるで動きに追従できないとなれば、これはもうどうにもならない。
それじゃ、どうして、そういうぼろいところに、入ってしまったかというと、……比較的ゆっくり動いていたときに、いれてポジションを持ってしまった。で、もちろん、最初から、だめだと思っていれば、使わなかったわけで、最初は、「ここでやろう」と思って使い始めたわけだ。つまり、とろとろ動くシステムの危険性に対する理解が足りなかった。
1秒おきにしか、値動きしないというのは、あまりにも、遅すぎる。実際には、1秒よりも長いのではないかと思う。それは、ブラウザで動いているようなソフトだからだ。
このブラウザを使うというのは、ほんとうに、やめたほうがいい。ろくでもない。これも、最初は、気が付かなかったことだ。むしろ、ブラウザで取引できるなら、他のパソコンに取引ソフトをインストールする必要がないから、楽だと思っていたほどだ。で、最初は、「楽だ」というのが、頭にあった。だから、ブラウザベースだということもそれほど気になっていなかった。しかし、それが、致命的な欠陥だった。欠陥と言っていいほどの……ではなくて、致命的な欠陥だった。気が付かなかった。
気が付いたときには含み損を抱えるポジションを持っていたので他に移れなかった。これも、失敗のひとつなのだろう。
それにしても、決定的に重要なことだった。スプレッド差、証拠金の金額の低さ、スワップポイントの高さ、……そんなことは、まるで問題にならない。そういうところを重視して、とろとろ動くシステムを使ってしまったのがまずかったのだ。とろとろ動くシステム、そして、肝心なときにとまるシステムは、切れない包丁よりもあぶない。

これからやろうとしている人たちに、一言だけいっておきたい。とろいシステムはやめておけ。(とろいシステムを使わせるような業者は、他の条件がどれだけよくても、やめておいた方がよい、ということだ。

まあ、当時のおれがそんなことをいわれても、まるで聞く耳を持たなかったけど。「こっにちはこっちのつごうがある。スプレッド差は大切だ。スワップだって、大切だ」こういっただろう。……当時のおれがそういうアドバイスを受けたら。
しかし、そうじゃない。とろいシステムは、ほんとうに危険だ。殺人システムだ。取引全体の気持ちに、影響する。

2008/1/24 木曜日

Filed under: 未分類 - 24 1月 2008

くそ、怒りがおさまらない。どうして、メンテ中なんだ。いつも、肝心なところで、ひっくりかえくるせに、やたらと、メンテナンスの時間が長い。なにやってんだよ。ほんとうに、こいつのせいで、思ったような取引ができない。全部、なんというか、裏目に出る。
ほんとうに、なにやってんだよ。
ともかく、ゆるしがたい。

2008/1/16 水曜日

Filed under: 未分類 - 16 1月 2008

うんがーーー。どこまで、さがるんだ。
うんがーーー。

2007/10/19 金曜日

余裕がない

Filed under: 未分類 - 19 10月 2007

まだ、落ちる気がする。しかし、金がないので、売りポジションを持つわけにはいかない。なんか、もう、どうでもよくなってきた。いや、やはり、売りポジションが欲しい。しかし、余裕がない。

2007/10/16 火曜日

Filed under: 未分類 - 16 10月 2007

なんで急におちたんだろう。
もう、理由なんてどうでもいい。
うーーん、やはり、うーーーーーん。

2007/10/12 金曜日

なぜか、RSIが、ばしばしと

Filed under: 未分類 - 12 10月 2007

なぜか、RSIが、ばしばしと、あたる状態になっている。
「あたる」というのは、表現として適切ではないが、ようするに、かなり参考になる状態になっている。
参考になるときと、ならないときがあるんだなぁ。で、いまは、なる時期。

2007/10/4 木曜日

カナダドル円

Filed under: 未分類 - 04 10月 2007

カナダドルが、すごいな。買いレートで117円を超えた。それに、ドルよりも、高い。ドルは、116.62円ぐらい。USD/CADを買いで持っていた人なんて、悲惨だな。切っておいて良かった。しかし、あれは、でかかった。あれも、でかかった。まあ、今年の夏の地獄ほどではないのだけど。

————–

結果を見れば、だれもが、「ここで」・・「あそこで」「この谷で」などと思うよね。

———
なみにゆられてーー
とんでーーー、いきたいーーー

2007/10/1 月曜日

クロス円は、だいぶ上がってきている

Filed under: 未分類 - 01 10月 2007

クロス円は、だいぶ上がってきている。というわけで、「これ以上落ちるとやばい」ということで建てたポンド円の売りポジションは、一本でマイナス15万ぐらいになっている。もう一回、落ちるのだろうか。それとも、このまま、そのレベルまで落ちることは、ないのだろうか。11月まで待ってみて、それで、だめだったら、損切りする。
案外12月に、急に落ちたりして。半年にいっぺんの大暴落。1年にいっぺんの大暴落。3年にいっぺんの大暴落。まてば、そのうち、解消できるか?

2007/9/30 日曜日

Filed under: 未分類 - 30 9月 2007

けっきょく、入れ替えた。
疲れた。

« 前のページ次のページ »