最強スパンモデルFXプレミアム

マージンコール

ポンド円の動きはすごかった。一日で10円落ちだ。1日で。この動きは、どうなるのだろう。いま、平穏を取り戻したかのようなのだが、なんか、このまま、するすると、上がっていくという感じは、まるでない。
もう、死にたい気分だ。
やはり、約定できないというのが、非常にこまる。もう、死にたい気分だ。一度、売りを建てて、それで、儲かったのに、ちくしょう。どうしてそううことをするかというと、ちょっとでも、口座の金を増やして、ロスカットをさけようとするからだ。そうなると、下がっているところで、売りを、売るということになる。(儲けが出ているところで)。そのあと、買ってしまうのだよ。売りを、もう一回。それが・・・・・・・・、説明をするのは、あれなのだけど、買った途端に、マイナス1万円になっているよな状態なんだ。つかー、もう、いい。
アレは、ひどい。ともかく、ともかく、だめだ。死にたい気分だ。なんとしても食い下がって、とおもっていたけど、

結論から言うと、二回目に建てた、売りポジションが、マイナスになっている。マイナス4万。いらいらするな。あのとき、ほんとうに、●●は、地獄のシステムです。
あれはない。いくらなんでもあれはない。
あーー、死にたい気分だ。
金。
なんとなく、まだ下がるような気がするんだ。
9月になるを待つかな。下がっているときに、宇リポジョンを余裕がな状態で、手放して、それで、ロスカットされずに、上がっていくのをまつというような曲芸のようなことをしなければならないのだけど、 それをするには、タイミングの問題がある。自分が切りたいときに、ちゃんと切れれば、納得がいく。失敗しても、納得がいく。しかし、ぜんぜん、自分が決済したいときに、決済できないのだ。1本決済するのに、8分かかる。どれだけ不安になると思っているんだ。8分間決済しようとして、決済できないまま、マイナスがふくれるのが、わかるか? ちくしょう。ほんとうにゆるしがたい。まあ、そういうろくでもないシステムを、選んでしまったという俺の側の責任はもちろんある。しかし、あんなにも、ぼろぼろなシステムだと思わなかった。切れない。ほんとうに腹が立つ。あんなものを、誠実そうな顔をして、平気で使わせるなんて。
ともかく、とろとろして、話にならない。水面下で50ポイント動いていても、表面的な数値が変わらないという状態なんだ。それも、ずっと、一日中ずっとそんな状態だからな。それで、まず、決済するためのウインドウを出すのに、時間がかかる。で、決済をするためのボタンを押して、30秒、40秒、50秒、いきっぱなしになる。で、そういうことの繰り返し。
死にたい気分だ。
あれはない。

今回どれだけのひとが、ロスカットされたのだろう。マージンコールをもらってしまったのだろう。マージンコールをほかの会社から、もらったけどね。それは、しかたがないと割り切れる。しかし、しかし、あそこの、システムのぼろさには腹が立って腹が立って腹が立ってしかたがない。
あんなものは、不良品だ。ブレーキがきかない車と同じだ。ふざけるな。あんなもの。ちくしょう。ほんとうに腹が立つ。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。