最強スパンモデルFXプレミアム

もたくつシステムを提供しているような業者は選ぶべきではないと思う。

けっきょく、約定するかどうかなんだよなぁ。
それから、不利な方にスリップするかどうかだ。
とにもかくにも、よれよれなのはよくない。
よれよれなどうしょうもない、取引システム・(取引ソフト)をつかわせておきながら、いつも、のらりくらりといいわけばかりする、どうしょうもないFX業者があったなぁ。
いまも、その業者の取引システムを使っている人は、自分が思ったとおりの取引ができずに、悲鳴を上げていることだろう。本当に悲鳴だよ。
いちど、ポジションを持ってしまうと、時にはつきあわなければならなくなるし、かならず、客が不利になるように約定する、ものすごい取引ソフトを使っていると頭に血が上って、すべがパーになるという可能性があるからね。
それにしても、ひどい業者だったな。いまも、広告を出しまくってひとをおびき寄せているのだから、やはり、そのシステムを使っている人は、画面の前で猛烈に腹を立てていることだろうと思う。金融庁に問い合わせて、これこれこういうとがあったということを説明しないと、(なめてかかっているので)適当なことをいって、言い逃れ使用とするので、注意。
本当に、すべてが、嘘だからなぁ。
広告にかける金があったら、まず、脆弱な取引システム全体をどうにするべきだろう。
脆弱な、どうにもならないボロボロのシステムを使わせて、常に、客が損をするように、振りになるように、約定させる。約定しないのだけど、たまに約定すると、客が不利な方にすべってる。しかも、たぶんだけど、「本人には悪気がない」。
自分の提供しているシステムが特別に「ボロ」だとは思っていない。
本当は、特別にボロなのだけど。みんな(無理な買い方をする)、客が悪いと思っている。
ちゃんと約定するかどうかはものすごく重要な問題なのに、その点に関しても、あんまり認識していないみたいだ。まあ、どうでもいいよ。
それにしても、ボロボロのシステムはさけるべきだと思う。

普段から、約定しにくいボロボロのシステムはさけるべき
ときどき、約定しやすくなったからといって、信用しない(信用したくなるけどさ)
肝心なときに、のろのろと「メインテナンス」をしているところも要注意だな
サーバーが脆弱なところはさけるべき(サーバーが問題なのではないとか、増強するとか、改善するとかどれだけ口約束をしても、信じるべきではない)

ところで、突然約定しやすくなる、あるいは、ときどき約定しやすい状態になる、というのも、ものすごく、腹立たしいことだ。常に約定しやすい状態でなければならない。ときどき、よくなるというのは、(いろいろな意味で)精神に悪影響を与える。

FX業者の「かお」は、普段取引をしているソフト(システム全体)なので、そういうむら気があるシステムはまったく信用がおけないという意味で、いつも約定しない(約定しにくい)システムよりも、ある意味、悪質だ。なんか、全体的にとにもかくにも、腹が立つシステムというのがある。腹が立つシステムを使っているとかならず(と言っていいほど)失敗するので、もたくつシステムを提供しているような業者は選ぶべきではないと思う。
しんようできない。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS TrackBack URI

コメントをどうぞ

If you want to leave a feedback to this post or to some other user´s comment, simply fill out the form below.

(必須)

(必須)